【M-K-O】HAWAIIブログ

ハワイ ブログ。2016年1回、2017年3回、2018年2回のハワイ旅を振り返ります。https://www.instagram.com/matsu_m.k.o/

この木なんの木【2018年ハワイ語学留学記part23

2018年ハワイ語学留学記part23

2018年ハワイ語学留学中にレンタカーを借りてドライブ第1弾で美味しいガーリックシュリンプを頂いて、

【前回2018年ハワイ語学留学記part22】

今回は語学留学中にオアフ島ドライブを第2弾のpart1です。

朝4時にアラモアエリアからホノルル空港までTHE BUSで向かい、ハーツレンタカーで借りました。車はカムリです。

f:id:m-k-o:20220424174201j:image

2020年のコロナでハーツレンタカーは倒産し、朝5時からレンタルもできなくなったので、今では貴重な思い出です。

ラニカイビーチサンライズ

朝5時に車を借りてラニカイビーチに向かいます。

数週間前にもここに訪れていますが、非常にきれいな場所だったので再び訪れました。

m-k-o.hatenablog.com

朝5時に車を借りてまで行きたくなる場所です。

6時前ラニカイビーチ到着。太陽は正面の島付近から上がってきます。

f:id:m-k-o:20220424174221j:image

この日は雲が多めで、ラニカイピルボックス方向は曇り空です。

f:id:m-k-o:20220424174224j:image

山頂にある四角い建物がラニカイピルボックスですが、よ~く見ると人の姿が沢山あります。

f:id:m-k-o:20220424174141j:image

ここから見るサンライズも良いらしいので、今度行ってみたいです。

太陽がサンライズの時間が近づき、雲に太陽の光が入ってきました。

f:id:m-k-o:20220424174230j:image

太陽はモクルア・アイランドの右側から登ってきます。

f:id:m-k-o:20220424174211j:image

雲がかかっていますが、何とか見ることができました。モクルア・アイランドとラニカイビーチの日の出はハワイの中でも特に美しいサンライズの一つです。

f:id:m-k-o:20220424174205j:image

数週間ぶり2回目でも、沢山写真を撮り、ず~っと見ていたくなる景色が広がります。

f:id:m-k-o:20220424174147j:image

朝の6時30分ごろですが、周りには多くの人たちがいます。

f:id:m-k-o:20220424174214j:image

朝早起きしても見に来たくなる価値がある景色です。

f:id:m-k-o:20220424174247j:image

ラニカイビーチのサンライズを見て、海岸線を時計回りでドライブして朝食を食べに行きます。

KCCファーマーズマーケット

ドライブした日は土曜日で、KCCファーマーズマーケットが開催されている日です。

ここに目的は、まずハワイ島産の美味しいコーヒーであるアイカネコーヒーを飲むこと。

f:id:m-k-o:20220524153613j:image

ファーマーズマーケットに来たら、スタートは絶対これです。

そしてハワイ島産のアワビを頂きます。

f:id:m-k-o:20220424174208j:image

ワイ島のコナ空港近くにアワビの養殖場があり、そちらで育てられたアワビを頂きます。

小ぶりなアワビがいっぱい。これは一人でペロリと食べれる美味しさです。

f:id:m-k-o:20220424174144j:image

アワビを食べたら、炭水化物系が食べたくなったので、ピザを頂きました。

f:id:m-k-o:20220424174151j:image

ラニカイビーチ→KCCファーマーズマーケットまではドライブの目的地で考えていましたが、ここからはノンプランの行き当たりばったりで向かいます。

最初の目的地は、ハワイに来て、オアフ島一周ツアーに組み込まれているけど、ハワイをリピートしていたら行かなくなる場所に行きました。

日立の樹:モアナルアガーデン

この~木、なんの木のCMで有名な木は、ハワイ はオアフ島にある、モアナルアガーデンの中にあります。

 

モアナルアガーデンは初めてオアフ島に来る方向けのオアフ島一周ツアー定番コースですが、リピートする内に来なくなる場所です。

今回は、15年前以来久々に訪れた2015年から3年前ぶりに行きました。

場所

場所はH201の出入口から近くあり、ホノルル空港からも比較的近い場所にあります。

2018年に訪れた際には、H.I.Sのレアレアトロリーがいました。

f:id:m-k-o:20220424174157j:image

駐車場の先に入口があり、ここで入場料を払って公園内に入ります。今回訪れた目的は、入場料を払ってまで見る価値があるのかということでした。

f:id:m-k-o:20220424174226j:image

園内に入り、この木なんの木のCMに出てくる樹を目指します。

落ち着く風景:この木なんの木

園内に入り、見えてきました。「この木なんの木」こと「モンキーポッドの木」です。

f:id:m-k-o:20220424174154j:image

この日は天気が良く、そして背景が素晴らしい。入場料金が発生する分、整えられています。冷やかしにきたつもりが、心が癒されて、のんびりしたくなる場所でした。のんびりしている間に、ついつい口遊む歌がありました。それはもちろん・・・・

f:id:m-k-o:20220502151528j:image

f:id:m-k-o:20220424174217j:image

f:id:m-k-o:20220424174241j:image

f:id:m-k-o:20220424174232j:image

f:id:m-k-o:20220424174235j:image

本当に現地で口遊でいるぐらいCMどおりで、しかもハワイの気候と雰囲気が交わって歌いたくなる空間がそこにありました。

f:id:m-k-o:20220502151601j:image

そして、この素晴らしい場所で記念写真を撮影しようとなりました。普通の記念写真だけでなく、何か今後印象的に残る写真を一枚撮影したくなりジャンプしてみました↓

f:id:m-k-o:20220424174238j:image

浮いているような不思議な写真撮影に成功。

ZOOMの背景などに活用できる写真が撮影できました。

 

 

この内容のブログ
f:id:m-k-o:20190202002018j:plain

これまでのブログ

【2020年2月A380で行くハワイ旅行記

m-k-o.hatenablog.com

【2011年11月ハワイ島移民の住む町に行く】

m-k-o.hatenablog.com

【2011年6月ハワイ島キラウエア火山で寝る】

m-k-o.hatenablog.com

 

ホテル紹介 アストンワイキキビーチホテル

2017年11月末と2018年2月に宿泊した。アストンワイキキビーチホテルの宿泊記です。

f:id:m-k-o:20211128210206j:image

jp.astonwaikikibeach.com

 

場所

ホテルの場所は、カラカウア通り面しており、ワイキキの中でも中心部から一番ダイヤモンドヘッドがわにあります。少し歩くとカピオラニ公園があります。

ホテルの1階ロビー付近にはHISやJTBのトロリーやピンクラインの停留所がありました。

2Fフロント

2階の外の風が気もいいフロントでチェックインします。

f:id:m-k-o:20211128213423j:image

すぐ目の前にはプールがありました。

シックな色のエレベーターで部屋のある23階まで来ました。

f:id:m-k-o:20211128210152j:image

廊下

f:id:m-k-o:20211128210229j:image

本日宿泊する部屋は2321です。

f:id:m-k-o:20211128210219j:image

今回はツインの部屋にしました。ソファーはない少し小さめのです。

f:id:m-k-o:20211128210159j:image

到着日はあいにくの雨模様の景色でした。

f:id:m-k-o:20211128210237j:image

11月末からは雨が多い季節になるので、致し方ないことです。

バルコニーには椅子が2つあります。テーブルはありませんでした。

f:id:m-k-o:20211128210235j:image

雨が多い季節ですが、翌日は快晴になり、素晴らしい景色が広がっていました。

f:id:m-k-o:20211128210154j:image

ビーチがカーブを描いて、シェラトンワイキキまで続いています。

f:id:m-k-o:20211128210146j:image

海だけでなく、砂浜や町が写る景色が私は大好きです。そんな意味でもこの部屋を選んでよかったと思いました。

奥にはワイアナエ山脈が見えました。

f:id:m-k-o:20211128213359j:image

11月末に宿泊した際には、ツインベッドルームに宿泊しましたが、今回は一人で宿泊します。

f:id:m-k-o:20211128210157j:image

2か月後の1月末に宿泊した際には、キングベッドにしました。

f:id:m-k-o:20211128220249j:image

設備

小さめのテレビに収納

f:id:m-k-o:20211128210240j:image

右にはコーヒーメーカーとリゾートフィーに含まれているお水
f:id:m-k-o:20211128210248j:image

カップはしっかりホテル名入りです。

f:id:m-k-o:20211128210213j:image

さらにチョコレートまでありました。

f:id:m-k-o:20211128210227j:image

ソファーがない代わりに、バーカウンター程度の高さがあるテーブルと椅子がありました。

f:id:m-k-o:20211128210245j:image

クッション性がなく背もたれもないのでくつろぐには向かないので、私は窓の近くに移動させて、景色を眺めるように使っていました。

f:id:m-k-o:20211128213317j:image

入口方向

f:id:m-k-o:20211128210203j:image

ハワイで印象的な写真に似たようなものが飾られており、ハワイにいる雰囲気を演出してくれます。

f:id:m-k-o:20211128210243j:image

写真はもう一枚あり、そちらはダイヤモンドヘッドが描かれていました。

f:id:m-k-o:20211128210209j:image
こちらの部屋には浴室が完備されています。
f:id:m-k-o:20211128210149j:image

ハワイの場合、場所によっては浴室がない場所がありますが、ちゃんとあります。そして一泊1万9円以上とのこともあるので、清潔なバスタブで高さはないですが、長さがあるのでゆったり湯舟につかることができました。

ビーチバッグ

サービス紹介の一枚の紙。

f:id:m-k-o:20211128210144j:image

この中に、ビーチバッグプレゼントと記載がありました。

それがこちら

f:id:m-k-o:20211128210215j:image

ビーチバッグだけでなく、中には透明なプラスチックボトルと、うちわ、石鹸がついてました。

f:id:m-k-o:20211128215946j:image

プール

2階フロントフロアにはプールがあります。

f:id:m-k-o:20211128213122j:image

f:id:m-k-o:20211128213119j:image
f:id:m-k-o:20211128213125j:image

ダイヤモンドヘッド

部屋につながる廊下

f:id:m-k-o:20211128210229j:image

反対の山側に向かうと

f:id:m-k-o:20211128210224j:image

なんと外に出て、日本のマンションやアパートの様な雰囲気になります。

f:id:m-k-o:20211128213200j:image

ここからは、ダイヤモンドヘッドを眺めることができます。海からではなく、カピオラニ公園の先に見えるダイヤモンドヘッドが眺められました。

f:id:m-k-o:20211128213157j:image

オーシャンビュー?

2017年11月に宿泊した際に、オーシャンビューの部屋を予約して、確かに海から近い場所で満足したので、

f:id:m-k-o:20211128210159j:image

2か月後2018年1月に宿泊したお部屋は、少し山側に近くなり、正面にはマリオットホテルの部屋が…

f:id:m-k-o:20211128220241j:image

正直、これがオーシャンビューか・・・と、タイプ的にはにはパールオーシャンビューのなるのではないかとがっかりしてしまいました。

満足の景色

少し海から遠いオーシャンビューでも、斜めから見える景色は素晴らしく、ハワイらしい景色が眺められます。

f:id:m-k-o:20211128220247j:image

快晴の時の景色は、海と町が調和した景色がいいです。

f:id:m-k-o:20211128220517j:image

おもてなし

景色が気にって、2か月後に再度宿泊した際には、感謝のメッセージがテーブルにありました。こういったサービスが評価高かったです。

f:id:m-k-o:20211128215943j:image

ワイキキの中でも一番ダイヤモンドヘッド側にあるホテルは、カピオラニ公園などを散策したり、オーシャンビューからの景色を満喫しるのにはすごくよかったです。

次回宿泊する際には、オーシャンビューの中でもなるべく海側というリクエストを入れて予約をしようと思います。

 

これまでのブログ

【2020年2月A380で行くハワイ旅行記

m-k-o.hatenablog.com

【2018年10月オアフ島語学留学記絶景を見に行く】

m-k-o.hatenablog.com

【2017年11月ハワイ島移民の住む町に行く】

m-k-o.hatenablog.com

【2017年6月ハワイ島キラウエア火山で寝る】

m-k-o.hatenablog.com

ハワイアン航空 エクストラコンフォート窓側2席のお勧めシート

ハワイアン航空A330のお勧めシートについてご案内します。

【前回:2017年11月ハワイ島ハワイアン航空コックピット見学】

m-k-o.hatenablog.com

お勧めするシートは、11Aと14Aです。

f:id:m-k-o:20211128174932j:image

激レア14A利用記

まずは、14Aから成田空港から搭乗します。

f:id:m-k-o:20211128175214j:image

14Aを利用した目的は、エコノミークラスクラスには搭乗ギリギリまで進行方向左側のシートが開いておらず、渋々エクストラコンフォートを利用した際に見つけました。

この14Aがレアな理由は、この座席は本来、お手伝いが必要な方や妊婦、幼児連れの方が利用する席であり、空きがある場合のみ、24時間前に選択が可能になる席です。

1回目は5日前にハワイ行きが決まり、このシートを見つけ味を占めて、2か月後に再度ハワイに行った際にも14Aを利用させていただきました。

さて、搭乗時間になり前から2番目の扉から機内に乗り込みます。

f:id:m-k-o:20211128175256j:image

機内に入ると、エコノミークラスより少しだけ足元が広いエクストラコンフォートが沢山並びます。

f:id:m-k-o:20211128183150j:image

沢山ならぶエクストラコンフォートの中でも、14Aは乗り込んだ扉のすぐ後ろにあります。

f:id:m-k-o:20211128183117j:image

このシートの特徴は前が壁であり、足が思いっきり延ばせることです。

f:id:m-k-o:20211128183045j:image

壁には幼児用のバケットを吊るすための穴があります。

f:id:m-k-o:20211128183134j:image

足を延ばしてみます。身長170㎝の私でちょうど壁につくかつかないかぐらいです。

f:id:m-k-o:20211128183053j:image

エクストラコンフォートシートでは専用のアメニティをもらえます。

f:id:m-k-o:20211128183158j:image

中には、ペンやくし、歯ブラシ、アイマスクなど飛行機から降りても使用できるものが沢山あります。

f:id:m-k-o:20211128183123j:image

離陸した後は、ひじ掛けに収納されているモニターとテーブルを取り出します。

f:id:m-k-o:20211128183153j:image

機内食が運ばれて行きました。ポークロコモコとマウイビールを頂きます。

f:id:m-k-o:20211128183147j:image

ポークロコモコは賛否両論ありますが、すべて市販品が使われており、味については問題ないはずです。…もしかしたらロコモコの命であるグレイビーソースに問題があるのかもしれません。

ハワイ着陸前の朝食

f:id:m-k-o:20211128183040j:image

フルーツ盛り合わせがあるのがありがたいです。このフルーツは後で聞いたところ、出発日の朝に機内食の会社に納品される物のようで、ハワイアン航空の中ではこれが一番おいしいかもしれません。

エクストラコンフォートシートは足元が広いメリットがありますが、飛行機の人には一つ重大なデメリットがあります。
それは席の位置が翼の上ということです。飛行中の景色は下に見えるため翼の上は避けたいところですが、幸いことに14
Aは翼のすぐ前方にあります。さらに細かい懸念は、翼の前にある大きなエンジンが目の前にないのか懸念
夜が明け始め、シェードを開けられる時間になるとありましたエンジンが!

f:id:m-k-o:20211128183115j:image

大きなエンジンは少し後ろにあり、まだ下の景色を眺めることができそうです。
これでオアフ島が見えてきたときにじっくりと景色を眺めることができます。

 

完全に独立した独立した11A

14Aを予約したときに、気になっていたので11Aでした。
気になっていた理由は、ビジネスクラスと扉の間に窓側左右1列、中央2列のみの独立した空間に見えたからです。
2018年2月にハワイからの帰国便で利用しました。

f:id:m-k-o:20211128183140j:image

この便に搭乗時に撮影した写真は2020年2月に利用したANA A380の比較で利用しました。

 

m-k-o.hatenablog.com

 

搭乗開始となり、気になっていた席に向かうため、1番目に機内に向かいますが、なんとまだ機内への扉は開いていませんでした。(これも貴重な体験でした)

f:id:m-k-o:20220424192613j:image

11Aの時と同様に前方から2つ目の扉から機内に入ります。
11Aでは後方にむかいましたが、今回は前方に向かいます。
すぐ広がるのは窓側左右1列、中央2列のみの独立した空間でした。

f:id:m-k-o:20211128183155j:image

前方には壁で壁で仕切られたビジネスクラス

f:id:m-k-o:20211128183120j:image

後方には壁で仕切られた扉とギャレーです。

f:id:m-k-o:20211128183142j:image

こんな独立した空間でも、ほかのエクストラコンフォートシートと同様の値段です。

シートの詳しい写真は離陸後機内食の後に説明をします。

離陸

飛行機の扉が閉められ、ボーディングブリッジが飛行から離れます。

f:id:m-k-o:20220424192636j:image

ホノルル空港からの離陸は、リーフランウェイよりワイキキ沖へ向かい日本方向に180度旋回をしますが、

今回はターミナルに一番近い陸側の滑走路からワイキキ方向からエヴァビーチ方向に離陸をしました。

離陸滑走路に入る前には、遠くにダイヤモンドヘッドが見えて、

f:id:m-k-o:20211128183105j:image

滑走路に入ってからも遠くにダイヤモンドヘッドを見ながら離陸します。

f:id:m-k-o:20211128183042j:image

離陸直後は、ダイヤモンドヘッドなどは見えず、奥にリーフランウェイが見えるだけです。

離陸した飛行機はすぐに右旋回をはじめ再びダイヤモンドヘッドが眺められました。

f:id:m-k-o:20220424192455j:image

通常日本へ離陸するために利用するリーフランウェイの全体が見えます。

f:id:m-k-o:20211128183126j:image

リーフランウェイとダイヤモンドヘッドを眺めながら飛行機は日本に向かいます。

f:id:m-k-o:20211128183056j:image

リーフランウェイとダイヤモンドヘッド見えなくなるまで、写真を撮り続けました。

f:id:m-k-o:20220424192431j:image

最後の再度に翼の先端にあるウイングレットとダイヤモンドヘッド

f:id:m-k-o:20211128183107j:image

いつもの離陸が見れるずに離陸前は残念でしたが、離陸直後の風景はむしろ貴重な体験と写真が撮影できました。

機内食

機内食の時間となり、まずはドリンクとして、マウイビールを頂きます。。

f:id:m-k-o:20211128183059j:image

ハワイアン航空でハワイを感じる名物だと私は思っており、今回も4缶ほど頂きました。

機内食は鶏肉。

f:id:m-k-o:20211128192043j:image

ハワイアン航空は選択肢がないですが、個人的にはハワイアン航空機内食で一番おいしい料理です。
ロコモコはソースさえなんとかなれば…)

個人空間溢れる席11A

機内食を食べて、座席探索をします。
今回は窓側左右1列、中央2列のみの独立した空間に、窓側私、中央1名、反対側の窓側1人しかいませんでした。

その為に結構、自由に座席の写真を撮影します。

今回着席した11Aと隣の11Bです。

f:id:m-k-o:20211128183145j:image

後ろも前も壁で完全に個室です。

f:id:m-k-o:20211128183204j:image

足元は170cmの私で壁につま先がつくかつかないか程度の広さがあります。

f:id:m-k-o:20211128183110j:image

正面に機内用のモニターがありますが、完全に11Aの二人専用です。ひじ掛けの中には個人用モニターもあります。

f:id:m-k-o:20211128183051j:image

窓はエコノミークラスなのに2つが贅沢にあります。

f:id:m-k-o:20211128183131j:image
シートに座って眺める前方の仕切り、通路の仕切りは透けており、このおかげで圧迫感はありませんでした。

f:id:m-k-o:20220424192519j:image

なお、11Aは14Aと違い、24時間前でも予約が可能です。その理由は、子供用のフックなどがないからではないでしょうか。11Aの壁は14Aのものと比べるとそんなに耐久性はないように感じました。

f:id:m-k-o:20211128183129j:image

隣に人がいないこともあって、これまでのハワイアン航空の中で一番快適に利用することができました。後ろにはお化粧室があり、隣の人やほかのシートにあたることを気にすることはなく自由に使え、帰りにはギャレーでマウイビールをもらう最高の時間でした。

f:id:m-k-o:20211128183209j:image

夕陽

日本に近づき、軽食が配られました。飲み物は流石にビールを飲みすぎたので、オレンジジュースを頂きます。

f:id:m-k-o:20220424192549j:image

軽食中、ハワイアン航空の客室乗務員の方に夕日がきれいだよと言われたので、シェードを開けると非常にきれいな景色が広がっていました。

f:id:m-k-o:20211128183201j:image

沈む夕陽

f:id:m-k-o:20211128183207j:image

夕陽に照らされたエンジンと翼

f:id:m-k-o:20211128183102j:image

そして2の贅沢な窓の先に広がる夕日後の明るい線。

f:id:m-k-o:20211128183048j:image

人がいないからこそできる貴重な体験ができました。

 

ハワイアン航空のエクストラコンフォート窓側なら11列目の窓側一択な感じがします。

広々とした足元に、個室感がある位置。

お手洗いにも気軽に行けて、帰りにギャレーでドリンクを貰って帰る。

またハワイアン航空に乗るなら、11Aに座りたいです。

【次回:ホテル紹介】

m-k-o.hatenablog.com

 

これまでのブログ

【2020年2月A380で行くハワイ旅行記

m-k-o.hatenablog.com

【2018年10月オアフ島語学留学記絶景を見に行く】

m-k-o.hatenablog.com

【2017年11月ハワイ島移民の住む町に行く】

m-k-o.hatenablog.com

【2017年6月ハワイ島キラウエア火山で寝る】

m-k-o.hatenablog.com

ハワイアン航空のコックピット(2017年11月ハワイ島旅行part5

デカいビールと美味しいフィッシュバーガーを食べて日本に帰ります。

 

m-k-o.hatenablog.com

 

HI-19からコナ空港につながる道、海が見えつつもハワイから離れる寂しさがあります。

コナ空港

午後3時にコナ空港に到着。

f:id:m-k-o:20220426091355j:image

今回利用する便は、コナ空港17時10分発ー羽田空港21時30分到着のハワイ島から日本直行便です。この便のおかげで、午前中観光をしてお昼ご飯をゆっくり食べることができました。

チェックインを済ませて、手荷物検査を受けて制限エリアに入ります。

f:id:m-k-o:20220426091400j:image

これまで2回利用した見覚えのある制限エリアではフラの銅像が出迎えてくれました。

2017年6月にはここからオアフ島に向かう諸島便に搭乗しました。

m-k-o.hatenablog.com

国内と国際線で区別がないところはホノルル空港と同じで、さすがハワイといったところです。

搭乗ゲート

 

f:id:m-k-o:20220426091357j:image

こちらのゲートから、羽田空港に帰ります。ハワイ諸島アメリカ本土便がほとんどの中では珍しい国際線です。

f:id:m-k-o:20220426091427j:image

ゲートの横からは、窓ガラスの仕切りがない状況で搭乗機を撮影できました。

f:id:m-k-o:20220426091500j:image

ボーイング717や737といった機体が多い中で、A330は大きく感じます。

奥には何かと話題のボーイングV-22オスプレイが離陸していました。

f:id:m-k-o:20220426091516j:image

搭乗

搭乗開始となり飛行機へと向かいます。飛行機にはゲートから外を歩いて向かいます。

f:id:m-k-o:20220426091531j:image

コナ空港の、この搭乗方法は飛行機好きの私からしたら窓の反射がなく写真が撮れるので大好きです。

タラップは区の字型の緩やかなスロープになっており、飛行機を真下からながめることができまます。

f:id:m-k-o:20220426091508j:image

この写真、ハワイアン航空のタラップのおかげです。

f:id:m-k-o:20220426091519j:image

現在、日本の航空会社では採用されていないA330のエンジンと翼をこれでもかと撮影します。

胴体も外からじっくり眺められるとは幸せです。

f:id:m-k-o:20220426091511j:image

機体の撮影を満喫して、機内へと入ります。

f:id:m-k-o:20220426091503j:image

今回は、そんなに乗客もいなかったので登場するぎりぎりまで撮影を満喫しました。
f:id:m-k-o:20220426091457j:image

機内に入ると機長がお出迎え。
f:id:m-k-o:20220426091514j:image

一緒に記念撮影をお願いすると、コックピット見学するか?と言われてました。

もちろん回答は、「YES」

そして夢のコックピットへと入りました。

ハワイアン航空A330コックピット

機長に案内されて夢のコックピットの中に入りました。

f:id:m-k-o:20220426091506j:image

実際にこれから飛ぶ機体のコックピットに入るのは初めてで興奮しています。

これでも十分満足ですが、さらに!左側の機長席に座ってみるか?と!

もちろん、「YES」

実際に機長席に座らせていただきました。

目の前に広がる、グラスコックピット。左側の速度・高度・傾斜などを表示するモニター、右の飛行ルートを表示するモニター。
f:id:m-k-o:20220426091540j:image

エアバス機特有のサイドスティック。これで飛行機を操縦します。
f:id:m-k-o:20220426091534j:image

エンジン計器類に、ギアの操作レバー、ナビゲーションの入力計器

中央のスロットルレバーに、左下にはパーキングブレーキ、右下にはフラップ機器

見るものすべてに興奮していました。ハワイアン航空パイロットの皆様本当にありがとうございました!

f:id:m-k-o:20220426091537j:image

さて興奮が収まらない状態で、座席に向かいます。

f:id:m-k-o:20220426091525j:image

今回は進行方向右側の窓側です。隣の人が無いので2席分を贅沢に使いました。

中央は4列ですが、空席でした。ハワイアン航空のシート柄は綺麗なので、この柄のアロハシャツがあったらいいのに・・・とよく思っています。

出発の時間となりゲートを離れます。うっすらと夕日を浴びた機体

f:id:m-k-o:20220426091522j:image

乗客はまばらです。

離陸

夕日を見ながら離陸です。17時に離陸する冬季便だからこそ見れる光景です。

f:id:m-k-o:20220426131535j:image

飛行機は離陸して
f:id:m-k-o:20220426131522j:image

右に旋回し
f:id:m-k-o:20220426131518j:image

コナ空港を眺めながらハワイ島を離れています。
f:id:m-k-o:20220426131510j:image
溶岩石の黒さが特徴的なハワイ島。今回も沢山の歴史を感じて、パワーをもらいました。また、訪れたい場所です。

機体は東へと向かっていきます。

f:id:m-k-o:20220427144323j:image

その為、ほかの島は見えないかなと思っていましたが、マウイ島ハレアカラは見ることが出来ました。

f:id:m-k-o:20220426131533j:image

後方のシートの醍醐味は、A330の翼とハワイアン柄のウィングレットと美しい景色の調和です。
f:id:m-k-o:20220426131530j:image

後ろを振り返ると、ドリンクの準備の音が聞こえつつ、真ん中のシートにはカーテンが展開されていました。

f:id:m-k-o:20220426131505j:image

このシートの中は、ハワイアン航空搭乗員の休憩室となっているそうです。

夕日の光が入る雲を眺めていると、機内食の時間となりました。

まずはハワイアン航空のビールといえば、マウイビールから

f:id:m-k-o:20220426131528j:image

今回も3本ほど頂きました。

機内食は、ハワイアン航空のハワイ出発便定番の鶏肉。

f:id:m-k-o:20220426131515j:image

この夕食を食べて、3時間ほど寝ました。

いつも14時頃に出発する便と違い、17時だと15時ぐらいまで観光して後は寝るだけの状態で飛行機に乗れるので、結構良かったです。

到着前の軽食

f:id:m-k-o:20220426131525j:image

こちらを頂いて、夜の羽田空港に到着しました。

【次回:ハワイアン航空のおすすめシート】

m-k-o.hatenablog.com

これまでのブログ

【2020年2月A380で行くハワイ旅行記

m-k-o.hatenablog.com

【2018年10月オアフ島語学留学記絶景を見に行く】

m-k-o.hatenablog.com

【2017年11月ハワイ島移民の住む町に行く】

m-k-o.hatenablog.com

【2017年6月ハワイ島キラウエア火山で寝る】

m-k-o.hatenablog.com

ハワイ島パワースポット:オーラの洞窟(2017年11月ハワイ島part4

2017年11月ハワイ島part4

前日、日本移民の街で感動をして、

m-k-o.hatenablog.com

ワイ島最終日の本日は、パワースポットに向かいます。

朝はカイルアコナの街を散歩です。

ハートと2本のヤシの木が特徴の懐かしい場所にやってきました。

ハートがいいアクセントになった場所ですが、ここは最高の夕日が見れる場所です。

m-k-o.hatenablog.com

2017年6月に見れた最高な景色は、今でも活用するほどお気に入りの写真です。 

カイルアコナの街は、コンパクトな観光地でまた海に面したレストランで食事をしながらのんびりしたいと思える場所でした。

カイルアコナに別れを告げて、パワースポットに向けてHI-19号線を使いワイコロアビレッジ方向に向かいます。

カイルアコナの街からコナ空港付近までは道の周りに緑があります。

f:id:m-k-o:20220427144215j:image

周りが緑から真っ黒な溶岩石の大地に変わると、一般道にもかかわらず、制限速度は50マイル(80キロ)以上に変わります。

溶岩の大地

溶岩の大地が続く中、あまりにも雄大な景色に、途中で車を止めて散歩します。

f:id:m-k-o:20220427144212j:image

道の先には海が見えます。

f:id:m-k-o:20220427144208j:image

正面に広がる火山の大地

f:id:m-k-o:20220427144134j:image

上の写真で、緑と溶岩の大地がはっきり分かれているのが、ハワイ島の面白いところで、様々な気候が存在するハワイ島ならでわの景色です。

 

大と緑と溶岩の大地

f:id:m-k-o:20220427144229j:image

この雄大さの中には沢山のパワーが秘められており、なんか感じるものもありました。

f:id:m-k-o:20220427144225j:image

オーラの洞窟:Kalahuipua'a Historic Park

今回の旅行で最後の観光地は、カラフイプアア・ヒストリックパークの中にあるオーラの洞窟です。

f:id:m-k-o:20220427144138j:image

公園は高級リゾート地のワイコロアビレッジの中にあります。

ワイ島のパワースポットを求めて、公園内を散歩します。

f:id:m-k-o:20220427144222j:image

今日は朝から天気も良く、散歩日和です。

f:id:m-k-o:20220427144233j:image

気持ちよく散歩していると目的の場所が見えてきました。

f:id:m-k-o:20220427144153j:image

中に進みます。入口から少し洞窟の中を進んだところで、

f:id:m-k-o:20220427144205j:image

反対側を向くと目的の場所がありました!

写真からもオーラが伝わってくる。オーラの洞窟です。

f:id:m-k-o:20220427144146j:image

ここは、有名な観光スポットですが、私が行った時には誰もおらずラッキーでした。

こんな素晴らしい場所で、全身にオーラを受けます。

f:id:m-k-o:20220427144157j:image

オーラは洞窟の穴から太陽の光が入っていますが、それだけでこんなオーラがあるような光景が生まれるとは!・・・さすがパワースポットです。

f:id:m-k-o:20220427144218j:image

ワイ島で歴史を感じてパワースポットで感じたオーラは、日本に帰ってから幸運に恵まれたこと(ビンゴ大会で3連続ビンゴ)もあり、本当にあるんだなぁと感動してしまいました。

コロナが収束したら、もう一度ハワイ島にパワーを感じに行きたいです。

ハーバー・ハウス

美味しいフィッシュバーガーを食べに来ました。

お店は港に隣接した場所にあります。
f:id:m-k-o:20220427144142j:image

店内
f:id:m-k-o:20220427144131j:image

3日間ドライバーをしていたことで、昼からお酒が飲めなかったですが、最後に友人が交代するかろ飲んでということでハワイ島でハワイ島産コナビールを頂きました。

コナビールのビッグウェーブを注文すると、超デカいグラスで運ばれてきました。

f:id:m-k-o:20220427144127j:image

皆で乾杯

f:id:m-k-o:20220427144201j:image

ハワイで昼から飲むビールは最高!しかもハワイ島産なのでピッタリです。

美味しいビールを飲んでいるとフィッシュバーガーが運ばれてきました。

f:id:m-k-o:20220427144149j:image

現地で採れた魚と本場アメリカで食べるハンバーガーは当然絶品でした。

14時30分に食事が終わり、本日、日本に帰るために空港へ向かいます。

・・・日本直行便でランチをゆっくり食べても時間がある

コロナ前は、ハワイアン航空のコナー羽田便が17時出発21時30分到着という遅い時間に設定されておりお昼ご飯を食べて空港に向かうことが可能でした。

 

ワイピオ渓谷と、日本ゆかりの街【2017年11月ハワイ島旅行記part3】

2017年11月ハワイ島旅行記part3

ワイ島に到着した翌日は、

ワイピオ渓谷方向にドライブしました。

 

テックスドライブイン:マラサダ

コナエリアから1時間20分ほど走行して、まずはテックスドライブインでおやつとコーヒーを頂きます。

f:id:m-k-o:20220509135412j:image

ここの名物は、ハワイ島No.1と言われているマラサダです。

2017年6月のハワイ島一周ツアーの際に訪れて5ヶ月後の今日、再度食べたくなり訪れました。

今回は、クリームたっぷりのマラサダを注文。

f:id:m-k-o:20220509135428j:image

お触れ出るクリームに、揚げたてのマラサダが絶品でした。

ワイピオ渓谷展望台

カメハメハ大王が幼少期に過ごした場所で、昔のハワイの政治の中心だったのがワイピオ渓谷です。今回は「王の谷」と言われていたこの場所を展望台より眺めます。

f:id:m-k-o:20220427143841j:image

ワイ島の絶景として知られるワイピオ渓谷。ハワイ島一日ツアーなどでは、定番の観光スポットです。

5か月前初めて訪れたハワイ島ではポハク西田さんのハワイ島一周ツアーに参加しましたが、その際には逆側のポロル渓谷を観光したので訪れてみたい場所でした。

 

m-k-o.hatenablog.com

駐車場からスロープで展望台におります。

f:id:m-k-o:20220427143833j:image

展望台からは、南西に伸びる渓谷と左下に以前は人が住んでいいた平地を眺められます。

 

f:id:m-k-o:20220427143917j:image

絶壁が並び、その途中から滝が流れる光景がハワイの雰囲気を出してくれます。

f:id:m-k-o:20220427143914j:image

ここは晴れているときにから本当になんでしょうね〜

日本人になじみが深いホノカアタウン

ホノカアは私が一度訪れてみたい町でした。

写真では昔のアメリカらしい建物が並びます。私はここでとある歴史を歴史を見てみたいと思い訪れましま。

f:id:m-k-o:20220427143858j:image

町散策前に飲み物を買いに、マラママーケットホノカアに入ります。

写真には定番のオアフ島マウイ島など他の島々が入った地図に入っていますが、これには理由があります。

それは、スーパーの中にありました。店内に陳列されていたのは、日本語の商品でした。しかもかなりの量。

f:id:m-k-o:20220427143849j:image

半年前の2017年6月にハワイ島旅行と今回合わせて、ハワイ島でこんなに日本語を見たのは初めてです。

さらにあったのは「のりたまご」

f:id:m-k-o:20220427143920j:image

日本語で堂々と描かれ、観光商品というよりも日常生活商品です。

他にも、「紐巻き寿司」用グッズ。

f:id:m-k-o:20220427143853j:image

日本語だらけで日本人しか買わないであろう商品が、ハワイ島の昔ながらのスーパーマーケットにあるのは不思議に感じますが、これが私がここに訪れてみたかった理由なのです。

 

ここは日本人が多く住んでいるオアフ島ではなくハワイ島であり、近くに空港でさえ、車で1時間以上の場所にあります。そしてハワイ島オアフ島と比べても日本語が通じないといわれている島。

これには歴史が関係してきます。明治時代にハワイに日本人が移民として渡ったのは有名な話ですが、その移民が住み着いていた町こそハワイ島「ホノカア」なのです。

2016年12月のオアフ島旅行の際、ハワイアン航空搭乗中の機内で、ハワイローカルNews特別編でハワイ島特集のなかで、「ホノカア」のことを知り、一度訪れてみたいと思っていました。

街を散策すると日本人の名字が入った店舗名が多数あります。「ヤマツカ」

f:id:m-k-o:20220427143844j:image

「コタケ」

f:id:m-k-o:20220427143910j:image

日本人の名字の名前が多数ありました。

また、別の建物には移民の歴史について書かれた紙がありました。

左上の写真には、移民のが来た時期の記載が

中国、日本、ポルトガルプエルトリコ、沖縄、朝鮮、フィリピンと様々な地域からやってきています。

ポルトガル・・・・!だからポルトガル発祥のマラサダがハワイに有名なんですね

ハワイの文化の歴史は、各地域の人たちの移民の歴史なんですね。

 

そしてその移民たちが、住んでいる場所がハワイ王国にとって大切な場所のハワイ島「ワイピオ渓谷」から近い「ホノカア」の街に移民がいたことに驚きました。

f:id:m-k-o:20220511182408j:image

僅か13キロ(8.1マイル)しか離れていません。

そんな歴史と驚きを感じつつ街を散策していると、涙があふれてくる決定的な張り紙を発見、

NEVER GIVNEVER GIVE UP

労働者として移住的してきた人たちが、この町から諦めずに諦めずに頑張っていたこと。

これまで過ごしたハワイ島での時間から移民として、白人社会の中で努力し、店を持ち、コナコーヒーなどハワイ島の産業を支えてきた日本人の歴史を感じると、涙が出てくるぐらい感動的になってしまいました。

ワイ島という場所

ワイ島もほかのハワイ諸島と同じでリゾート地のような感じで訪問しましたが、ハワイ島の街や名所に行ってくると、歴史を感じるために来る場所と感じてきました。

「歴史を感じる場所」というテーマでハワイ島を旅行すると、新たなハワイの魅力を感じること間違いなしです。

【2017年6月ハワイ島旅行】

他ブログ紹介

 

m-k-o.hatenablog.com

 


 

 

 

 

 

ホリデイ イン エクスプレス & スイーツ カイルア コナ

2017年11月ハワイ島旅行

ハワイアン航空でハワイ島に入り、

m-k-o.hatenablog.com

ホテルに向かいます。

 

今回、ハワイ島で2泊だけ宿泊したのは、ホリデイ イン エクスプレス & スイーツ カイルア コナです。

f:id:m-k-o:20220427143257j:image

 

www.expedia.co.jp

 

場所

カイルアコナの中でも特に観光客が集まるカイルア湾から近い場所にほてるはあります。

部屋

今回はキングベッドの部屋にしました。部屋に入った印象は「広い!」

f:id:m-k-o:20220427143322j:image

可動式のビジネスデスクにひじ掛け付きのビジネスチェア

f:id:m-k-o:20220427143247j:image

ベッド正面のテーブルは長く収納十分です。

f:id:m-k-o:20220427143238j:image

窓側にはリラックスできそうな椅子に専用のテーブル

f:id:m-k-o:20220427143244j:image

キングベッドから入り口側をみるとこちらもかなりの広さ。

f:id:m-k-o:20220427143241j:image

2人掛けのソファに反対側にはも2人掛けのひじ掛け付きチェアにテーブル。

f:id:m-k-o:20220427143328j:image
f:id:m-k-o:20220427143235j:image

クローゼットは小さめでした。

f:id:m-k-o:20220427143310j:image

セキュリティボックスは上に開けるタイプ。これは使いやすかったです。

f:id:m-k-o:20220427143254j:image
コーヒーメーカーのある簡単なカウンター
f:id:m-k-o:20220427143250j:image

部屋の設備、広さは満足でしたが、1点欠点が・・・・それは景色です。

ベランダなく残念な景色

部屋は一階にあり、しかも部屋の先は駐車場となっていました。ハワイの風を感じるために窓を開けようにも、ここはアメリカです。治安の関係であけることもできませんでした。結局カーテンは開けず、外のハワイの風を感じることもなかったです。

f:id:m-k-o:20220427143319j:image

フロント

明るいく清潔なデザイン。このあたりは、オアフ島のホリデイインと同じように、コンセプトがしっかりとしていました。

f:id:m-k-o:20220427143304j:image

ロビーには椅子が沢山置かれおり、ここは朝食会場になります。

f:id:m-k-o:20220427143316j:image

朝食

コロナ前の2017年11月の時点では簡単な朝食バイキングがありました。

f:id:m-k-o:20220427143331j:image

ヨーグルト、コーンフレーク、オムレツなどしっかりとした朝食を頂くことができました。

f:id:m-k-o:20220427143313j:image

プール

ホテルにはL字型の比較的広めのプールがあります。

f:id:m-k-o:20220427143307j:image

L字がたのプールは広く、泳いでいて気持ちよかったです。

f:id:m-k-o:20220427143231j:image

ビーチチェアやテーブルもありますが、外は駐車場で囲われていて、リゾート感はありません。

f:id:m-k-o:20220509135554j:image

このプールは夜のライトアップが綺麗でした。

f:id:m-k-o:20220427143300j:image

長期滞在にはありがたい洗濯機も完備していました

f:id:m-k-o:20220427143325j:image

 

最低なトラブル→ホリデイイングループ本部の神対応

こちらのホテル宿泊2日目の夜に事件は起きました。

朝8時から22時までハワイ島をドライブして、クタクタになって帰ってきて、トイレを見ると詰まっていました・・・・

朝は詰まっておらず、清掃の際のトラブルなので、フロントの人にお願いすると、渡されたのでスッポン・・・要は自分でやれと・・・まてまて、清掃のトラブルで話をすると嫌々対応されて、ガンまで飛ばされる始末・・・

このやり場のない怒りを英語でツイッターで投稿したました。

ここから評価をがらりと変える事件が!

怒りがおさまらない状態で、なんと30分後にホリデイイングループ本部からメッセージが入っていたのです。状況を教えてほしいと連絡が入りました。状況を返信すると謝罪文と状況確認すると連絡がすぐに返ってきました。

ハワイはこの時点で深夜の為、明日以降の対応になるだろうと思い就寝。

朝の方スタッフの対応はよく、たまたま酷いスタッフにあっただけなんだろうな~とこの時点で感心しながら日本に帰ると、日本到着時点で現地支配人から状況説明と謝罪のメッセージ、そして宿泊費について誠実な対応をする旨の連絡が入っていました。

 

この対応は本部の対応は本当に素晴らしく、ホリデイイングループの底力を感じました。また、機会があればホリデイインを利用してみたいです。